ドラッグストアファン

ドラッグストア大好きです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドラッグストアの進化に関する意識調査(2)

私は今のところ、ドラッグストアに対しては、それほど不満はないのですが、世間では、ドラッグストアに対する不満もいろいろあるようです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

ドラッグストアへの不満17項目について、回答データの因子分析を行ったところ、(1)ドラッグストアへの総合的な幻滅感(店への不信感・店の評価が定まらない)、(2)「店作り」の貧弱さ、(3)店内雑然感--の3つが、主要な軸(因子)としてあげられている。

 また、ネガティブな側面からドラッグストアの今後の「改善・進化の方向性」を発見することを目的に、下記の3軸(因子)の空間で、ドラッグストアに対する「不満クラスター」を9つ抽出し、これをもとに、ドラッグストアへの不満として7つの態様が発見されたという。

7つの態様を絶対不満量の大きい順に並べると、
(1)(ドラッグストアに対する)全体的拒否、
(2)MD過多不満(いろいろ取り扱いすぎ)、
(3)品揃・売場リッチ感不満、
(4)食品取扱不満、
(5)売場にぎわい不満、
(6)店内雑然感不満、
(7)ドラッグストア低不満--

となった。

それぞれに、今後どう対応していくかが、将来のドラッグストアの「業態改善・進化のテーマ」といえそうだとまとめている。

 なお、今後、インターワイヤード、流通問題研究協会、マーケティングディレクションズの3社は、協働で「ドラッグストアの進化」についての市場調査・分析を行い、ドラッグストアに関わる企業の皆様に最適のドラッグストアチャネルのマーケティングソリューションを提供していく予定。

 ドラッグストア流通に関心を持つメーカーや流通業と協働して「これからのドラッグストア経営を知り、ドラッグストアへの取り組みかたについて学び合いたい」と考えているとのこと。

具体的には、ドラッグストアについての問題を出し合い、2000サンプルの消費者調査に落とし込んで答えを出すことを目指す「ドラッグストア VOICE2000(ドラッグストア流通研究会)」を発足し、ドラッグストアへの消費者インサイトを探求していく考え。

「マイライフ手帳@ニュース」より引用
http://www.mylifenote.net/005/3_47.html
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。