ドラッグストアファン

ドラッグストア大好きです!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ドラッグストアの進化に関する意識調査(1)

インターネットリサーチサービスにより実施された、「ドラッグストアの進化に関する意識調査」の結果が発表されました。
入浴剤やヘアカラーは、ドラッグストアで購入される方が、圧倒的に多いようですね。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

インターネットリサーチサービス「DIMSDRIVE」を運営するインターワイヤードは、流通問題研究協会、マーケティングディレクションズと共同 で「ドラッグストアの進化に関する意識調査」を実施した。


第2回目の調査では、化粧水・入浴剤・ヘアカラーの3商品について深く、購入意識を掘り込んだ。 また、ドラッグストアに対しての不満について、不満からの因子分析・クラスター分析を行い、ドラッグストアの“影の部分”を類型化している。調査は3月 12日~14日に実施。関東・関西の男女2000名から回答を得ている。


 化粧水・入浴剤・ヘアカラーの3つについて、“どこで買う事が多いですか”と尋ねたところ、3つの商品すべてで「ドラッグストア」が圧倒的に多く、化粧水51.6%、入浴剤76.8%、ヘアカラー87.1%という結果になった。しかし、2番目・3番目に続いた回答には違いが出ており、入浴剤とヘ アカラーでは「スーパーマーケット」、「ディスカウントストア」と続いたのに対し、化粧水は「ネット通販」、「百貨店」と続く。


 化粧水・入浴剤・ヘアカラーの各購入状況について当てはまる販売チャネルを尋ねたところ、“商品のイメージと合っている販売チャネル”について は、入浴剤とヘアカラーでは「ドラッグストア」が圧倒的に多く7割を超え、ほかのチャネルは2割に満たない結果となった。一方、化粧水では、「化粧品専門 店」が最も高く45.0%、次いで「ドラッグストア」41.9%、「百貨店」34.8%と、ドラッグストア以外の項目にも回答が集まった。


 また、“使い方を教えてくれそうな販売チャネル”、“新しい商品・銘柄を買う際に安心して買える販売チャネル”についても、入浴剤とヘアカラーで は「ドラッグストア」という回答が圧倒的だったが、化粧水では「化粧品専門店」が最も高く、次いで「百貨店」、「ドラッグストア」という順番となった。


 カウンセリングやアドバイスが必要な化粧水は、入浴剤やヘアカラーに比べて「ドラッグストアには合っていない」とイメージされていることがうかがえる結果となった。


「マイライフ手帳@ニュース」より引用
http://www.mylifenote.net/005/3_47.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。